ADMIN TITLE LIST
プレさらし




○心情
他の世界にもそんな話があったけど案外メジャーなの?これ。
永遠にマイナーなまま消えろよって感じだけどね

○行動
狭いので擬態状態。
基本的に低空浮遊し行動。

後衛。
依頼人付近に位置。

可能なら座席の背もたれより上を飛び射線確保。
列車内なら天井付近でもペナ無しの筈だが一応高度に注意。
「得物を振り回せない狭さ、か。鈍器じゃないけど。しかし飛び回れないって窮屈…」

開幕にフリーオフェンス使用。
切れたら適時掛け直し。

移動は味方に合わせて行う。
列車の端につくまでは適時移動しながら距離に応じ【射撃】か通常攻撃。
移動不要な先頭又は後部車両の端に到達したら以降は【攻撃集中】での【射撃】か通常攻撃。
「理論上は城だって更地だけど『不在証明』により普通の火砲程度の威力と現実は非情。まぁそんな威力があってもこう言うとき困るけど」
「さて、撃ち砕いてあげる。覚悟はいい?」

夢だから構造物に当たっても壊れないと推測。
逆に壊れると思えば壊せるなら継続する車両の連結部を端の車両への移動時に砲撃で破壊し追手を防ぐ。
「信じれば壊せる?」

エトワールが狙われた場合かばう。
回復担当のデイジーが狙われた時も同様。
緊急時は二人纏めて対応。
「おっと…やらせないよ?」

パンドラ使用

○備考
痛覚も血液も無い。内蔵もほぼ無い。
負傷時は本性同様情報の欠片を血の代わりに零す。
肉片の類は本体から切り離されると鉱石に戻る。
飛行は重力・慣性制御式。

アドリブ可
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 星の異端者の戯言, All rights reserved.