ADMIN TITLE LIST
プレさらし




○心情
ろくでもない事件ばかりで疲れたので息抜きに気楽な依頼を引き受けたが…
なんとなーく嵐の前の静けさ感はあるな…何事もなきゃいいんだが。

誰かが落ちたが流石によく見えない…細かい事は近寄りゃ判るか。
とりあえず急行しよう。


○行動
トランシーバーと魔道短伝話で情報共有。

錬光推翼で飛んで滑落場所まで最短距離で移動。
落ちた人が無事か確認し、負傷していれば救急セットで応急処置。
無事を確認するついでに名前と何があったのかを質問して情報収集。
敵がいたことを聞けたら周囲の警戒を行いつつ移動。
必要なら双眼鏡で周囲を見渡す。

崖を登る必要がある場合も錬光推翼で飛行。

敵を発見したら距離とスキルに応じて武装切替て戦闘。

遠:アルコル
近:蒼機剣
魔:錬金杖

「念の為持ってきた武器が活躍するとは…やれやれ」
基本はアルコルでの射撃軸に戦う。
被接近時は敵の移動が速いなら白兵戦に移行。遅いなら距離取り直す。
中距離では蒼機剣射出or十二偽光で対応。
敵が複数居て味方を巻き込まないなら真雷炎波。

キノコ狩りは詳しい人(岳郎)のアドバイスを受けて行う。
幾ら何でも異世界のキノコとか解らないし。
毒キノコに注意。

「聞いた話じゃ触るだけでも危険なキノコとかもあるらしいが、流石に生えてないよな?」
(※カエンタケとか)
「ま、素手じゃないから説明聞いてあとは注意してれば大丈夫かねぇ…」

キノコが採れると思うので食事の時に万能調味料とリスペルンを提供
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 星の異端者の戯言, All rights reserved.