ADMIN TITLE LIST
プレさらし




○心情
何か妙だなと思ったが…どういう状況だこれは。

ともあれまずは賊どもを叩きのめすとして…
場合によっては村人とも“お話”の必要性がありそうだな。
出るとこ出るかこの場で制裁を下すかは被害者次第だが


○行動
取引現場から行動開始。

距離と攻撃法により武装切替。
遠:アルコル
近:蒼機剣
魔:錬金杖

初手は盗賊のボスを遠射使用しアルコルで狙撃。
統制の取れた行動をするか怪しいがまずは指揮官を倒し混乱誘発を企図。

次手は反重力脚&錬光推翼で移動し敵をできるだけ多く狙える位置へ移動し、
智里が人質の入った麻袋を回収次第、真雷炎波で纏めて焼き払う。

飛行スキルを使用するが、基本的に高度を取らず地上を高速移動。
真雷炎波を空から放つほうが多く巻き込める場合のみ飛行。

山賊が接近戦避ける様になったら戦意を挫く為に積極的に飛び込み蒼機剣で近接戦。
逃げようとしたらアルコルで後ろから狙撃。

山賊には加減も容赦もしない。

戦闘が始まって逃げる村人には待て話があると言い、待たないなら威嚇射撃。
人質から一連の事態について話を聞けた以降に逃げるなら当てるつもりで脚を狙撃。

山賊殲滅後、村に急いで戻り大人達を詰問する。
待てと言っても逃げるものがいれば容赦なく脚を狙撃。
村人は殺しはしないが優しくする必要性もないと認識。
この場で締めるか憲兵に突き出すかはオフィス職員の意見を尊重。
職員が決めかねるならハンターの多数決で決定。
個人的には私刑も辞さない
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 星の異端者の戯言, All rights reserved.