ADMIN TITLE LIST
プレ晒し




○班分け
▼船内
ヒース
神楽
有希弥
篠原
▼CAM
ソフィア
リク
ルナリリル
OF-004

○心情
宇宙…か。やはり地上とは勝手が違うが、やれるな、私。
しかしあれだな…こんなあまりにも何もない空間によく乗り出そうと思ったな、リアルブルー―地球の人々は。

スクラップ・チルドレン…ね。
彼らにも事情はあるのだろうが…人質を取るのはいい策とはいえんな。
反発を買うばかりだろうに…まぁこんなこと私が気にしても仕方ないかね。

○戦闘
短伝話の使用を試み、通じる場合はこれを使い念の為周囲に歪虚が潜んでいないかノイズから確認。
但し負の力を持つという強化人間のOF-004の存在を誤検出することに注意。
伝話が使えない場合は仕方ないので乗機のセンサーで周辺警戒を普段以上に行う。

使えるなら伝話を主軸に、使えないならトランシーバーのみで適時通信し情報共有。
通信状況が悪い場合や遠距離に通信する必要がある場合は伝波増幅使用。
トランシーバー使用時は敵に傍受される可能性を考慮し通信時間短く。

制圧班の合図で行動開始。

対ドミニオン。
カノン砲を軸に遠距離射撃で攻撃。接近されたらマシンガン、コジローに切替。

初手は宇宙での射撃の感触を掴む為に放ち、命中は期待しない。
感触を掴めたら高速演算を使用し部位破壊を試みる。
「なるほど、こんな感じか。反動と姿勢制御に気をつければ行けるな」
まずは武器の破壊を狙い、続いて脚部を破壊することを狙う。
「久々の遠距離狙撃だが…腕を鈍らせたつもりはないぞ…?撃ち抜かせてもらう…!」

敵機を無力化したら接近し、スキルトレースで機導の徒を使い自爆用の爆弾等が仕掛けられていないかチェック。
爆薬が発見された場合はその部位を狙い起爆装置を破壊するか乗員にすぐに機体を降りさせる。

何もない場合はとりあえずそのままにして次の目標へ向かい
撃破した敵機は戦闘終了後確実に拿捕・回収する。

急接近・離脱の必要がある場合はHブーストとアクスラ使用
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.