ADMIN TITLE LIST
プレ晒し





○心情
新米戦士…か。
私もそこまで経験豊富とは言えないが、サポートに回れる程度の経験はあってよかった。
彼はどこまで成長を見せてくれるだろうか。あっさり私程度なら追い越しそうな気もするがね…

まぁ今は敵を倒すことに集中しよう。
さて、派手に行こうか。


○戦闘
狙撃銃は背中に背負い、蒼機剣は腰に下げて登攀準備。

反重力脚で跳躍後、魔導ワイヤーを射出し斜面の岩か何かにワイヤーを引っ掛けて登攀を試みる。
成功したらワイヤーを巻き取る力で上に登る。上昇力が足りないなら再度ジェットブーツ。
1回で上まで届かないなら複数回実行。

どうしても登れないなら梯子を使う。
梯子で登る場合登攀中の襲撃を充分警戒。先に登った味方が注意を引きつけている間に急いで登る。

上に登った後は十二偽光でゴブリン、コボルドを複数纏めて攻撃。
「受けてみろ、私の秘術を。オリジナルには遠く及ばんが、それなりのパワーはあるぞ?」
距離があるなら狙撃銃で攻撃。
「実を言うとこちらの方が得意でね‥!」
接近されたら蒼機剣で反撃。
「別に後衛専門でもなくてな…お前の相手程度ならこなしてみせるさ」

歪虚は前衛が戦闘してる合間を縫って狙撃銃で攻撃。誤射に充分注意。
射線が確保できないなら十二偽光による攻撃に切替。

負傷はMヒーリングで適時治療。

最後の敵にトドメを刺す時
「お前で最後だ…世に平穏のあらんことを」


○その他
リシャールには無理はしないようにと言い含めておく。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.