ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ晒し




入口で吹き飛ばされた軍人をカナタが治療したら詳しい事情を聞く。

「いb」方面(軍人ルート)へ進行。

まず「えb」まで進み暴走CAMの注意を引く。
対CAMは恭也に任せ奥の暴走装甲車をカノン砲で砲撃。

敵CAMが射線を遮ってくるようならHブースト使い体当たりで体勢を崩す。
重装化改造+重武装で質量はこちらの方が上なので当たり負けることは無いと判断。
ただし機体へのダメージ考慮し多用はしない。

装甲車に攻撃が届かない場合は必要に応じ奥の廊下へ進行し攻撃。

距離に応じカノン砲、マシンガン、コジローを使い分ける。

装甲を活かし少々の被弾は無視して装甲車の早期撃破を狙う。
「この程度の被弾を気にしていたら間に合わんしな…!」
装甲車に火力で押し負けるなら105mm砲の間合いの内側までアクスラ&Hブーストで接近し攻撃。
「砲戦機でやることじゃないが、伊達や酔狂でこの刀を握ってる訳でもなくてね…!」
接近時は主砲以外の武装―機関砲等を装備している可能性に留意して交戦。

装甲車撃破後敵CAMがまだ残っていたら掩護に回る。

敵撃破後もし反対のルートがまだ片付いていないなら支援に向かう。

敵全滅&スパコン浄化後は総攻撃準備中の軍に脅威の消滅を伝達し攻撃中止を要請。

通常の通信は例のトランシーバー破壊までは汚染を避けるために魔導短伝話で行い、
破壊後の外部への連絡はトランシーバーで実行。
施設の通信設備が生きているならそれを用いる事も視野に。
「こちらは研究所に突入した異世界人だ。VOIDに汚染された全兵器の破壊と研究設備の浄化処置を行い安全を確保した。また、生存者の保護も行った。至急、総攻撃の中止を求む。繰り返す、施設の安全を確保した為攻撃中止を求む」

スパコンからのデータサルベージを機導の徒を使用し手伝う。
「これがリアルブルー―地球の超大型コンピュータ、スパコンとやらか…流石に現物を見るのは初めてだが、作業補助くらいはできる、はず」
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。