ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ晒し




○搭乗希望
▼レシプロ
絢音
クラヴィ

▼ジェット
ウーナ
シャーリーン
レベッカ

▼ロケット
ルナリリル
アレア


○心情
飛行機…か。
実は先日似たようなモノを作って飛ぼうとしたのだよな。飛べなかったが。
滑走がないとやはり無理か。

とりあえずこの試験が無事成功することを願おう。
しかし一気にジェットとロケットまで作るのか…大きく出たな。
だが…大丈夫なのか? これは。

まぁいい。とにかくやる事をやるだけだ。


○行動
ロケット飛行機に搭乗。
空中分解が不安なので基本的に無理なマニューバは行わず安全運転で行く。
トーマスが希望するなら無茶な機動も試すが。

「性能が上がる代わりに乗員への負荷が大きいと聞いたが…操縦士が気絶して墜落とか笑えないのだが、大丈夫なのかね、これ」
「ふむ…流石に速い、な。実用化できるなら民生から軍事まで大きく塗り替えそうだが…」

乗員への過負荷によるエンジン停止事故の発生を想定し、
意図的にエンジンを停止してその状態での滑空性能・飛行特性を確認しておく。
「いざという時に不時着に持っていける程度の滑空能力があるか、確かめてみるとするか」


○提案
ロケットは実用上色々問題が多い気がする。
燃費の改善が見込めないならロケットは切ってレシプロとジェットに絞ったほうがいいかもしれない。

あと機体強度をもっと高めないとエンジン性能を活かせないのではなかろうか?

ああ、つかぬことを訊くが、そういえばこれ…どこに売り込む気なんだ?
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。