ADMIN TITLE LIST
プレ晒し




●心情
止まった、か…
折角だ、今のうちにゆったりと花を愛でるとしよう。
まぁたまにはこういうのも悪くないか。

しかしやはり地球の環境は変化に富んでいて飽きぬな…

ふむ…妙に長いな。何か問題でも…野良天魔? やむを得ん、片付けるか。

…しかし雨空というのはいまいち飛んで楽しくないものだな…まぁ天気に文句を言っても仕方のない事だが。

●行動
のんびりと花を眺めつつ物思いに耽る。

ごく簡単な依頼を済ませて学園に戻る途中だったのでたまにはゆっくりするかなどと思っている。
不意の停車にも狼狽えること無く終始落ち着いた様子。

野良天魔の駆除に向かう時は物質透過&幻翼使用。
「透過能力というのは便利なものだ…こういう状況で雨に濡れずに済む」
透過して雨を避けつつ急ぎながらも優雅に翼で飛翔して変電所へ。

空中より突撃銃と霊符で射撃戦。
流れ弾が設備を損傷させるのを防ぐ為射程ギリギリから攻撃。
物魔は両方試して効果の大きい方を主に使用。
「狙い撃つ…という程離れてはいないが、変電設備を壊す訳にもいかんのでな。やはり狙い撃たせてもらおう」

撃破後はさっさと列車に戻る。
この雨の中外にいても仕方ないし置いて行かれるのも少々困るので。

列車帰還後負傷者がいれば魂癒で治療。
重傷者から順に回復。
軽傷者はまぁすぐ治るだろうし全員にかけるにはスキル回数が足りないので最悪放置。
できれば全員治療したいが。

まもなく出発できると聞き少し名残惜し気に花を眺める
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.