ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ晒し




前々から興味があったが漸く、か

搭乗は後の方に回し先に他者の挙動を観察。
素人の筈だが妙に落ち着いた動作で恙なく起動完了。

武器を装備した状態での挙動を確認。
120mm狙撃銃を抱えた状態でコースを走る。
「なるほど。こんな感じか。中々扱い易いものだな、コンピュータが優秀なのか。
トップヘビー気味な気がするのは魔導エンジンの質量かね…」

狙撃銃で的を近くから順に射撃。
「成程。自動照準ってのも便利なものだ…簡単に扱えていいな」
一通り撃った後はマニュアル射撃希望。
「あー、できればマニュアルでの狙撃もやらせてくれ」
膝立ち姿勢で機体を固定し狙撃する。
「よく狙え…固定目標等余裕だろう?私よ」
自身に言い聞かせ冷静に一撃
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。