ADMIN TITLE LIST
プレ晒し




○心情
人質を取れば敵が来るからそれを倒して力を示すとかいう事かね。
まぁ奴らの動機等どうでもいいのだがな。
考慮しないでいい思惑ならやる事は普段と変わらぬ故に気にする必要もあるまい。

とは言え油断してやられる訳には行かぬし
よもや裏があった場合に備えて
一応戦闘中の動向や索敵情報には注意を払っておくべきか。

特に裏が無いのなら漸く販売まで漕ぎ着けれたこのクラーケンのデータ取りの相手になって貰うとしよう。


○作戦
オルカ、新居が1機ずつ抑え
残り1機を他4名が集中攻撃で撃破。

撃破後次へ集中。

もし足止め担当が押されているなら
全員で片方に集中せず掩護に回る。


○戦法
味方と相互掩護可能な程度の距離保ちつつ
敵の側面へ回り込み挟撃・十字砲火狙う。

簡易Bst&Tスラスター惜しまず使用。

大型魚雷、ミサSE-02、水素C使用AAEMを牽制に用いて機動を制限し
そこへ本命のBテンタクルを撃ち込む。
「水中用知覚武器は少ないが、この機体ならこういう芸も出来る訳だ」

状況に応じテンタクル後方射撃も実行。

出来るだけ接近戦を避け中~遠距離の射撃戦主軸に戦闘。

距離を取る事で戦場を俯瞰しやすくし
敵の挙動に注意払いつつ戦闘。
もし船を狙う様な素振り見せた場合味方に警告発し
射線・進路に割り込んで妨害。
練力に余裕あるなら必要に応じ通常Bst使用。

接近され逃げ切れない時はWエッジで応戦。
そうで無いなら距離を取る。


○備考
二人称は基本名前。場合によりお前か汝

アドリブ歓迎
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.