ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ晒し


アルヴァイム(ga5051)、なつき(ga5710)と一緒に参加。

霧島 亜夜(ga3511)、キョーコ・クルック(ga4770)、シュブニグラス(ga9903) とは面識有。

二人称:基本は名前。アルヴァイムは黒子と呼ぶ。

事前に適当な飲み物を調達しておく。
但し金欠(貯金中)なので缶珈琲とかの安物中心。

アルヴァイムに頼まれたので適当に料理を作って持参してみる。
簡単そうなサンドイッチとか。
作ったこと無いけど。
味見はするから致命的な事にはならない筈。しかし味や出来映えの保障はできない。
「手料理を喰ってみたいとか言っていたので作ってみたぞ。まぁ、死にはしないだろう。味は保障しないが」

短冊に『魔創の弓とウーフーが欲しい。むしろくれ』と、俗っぽい願いをドイツ語で書いて吊るす。
他の願いもあるがそれは胸に秘めておく。
「まぁ吊るすのは金が欲しいとかそんなもんでいいかね。とりあえずは」

騒がしいのは苦手なので
短冊を吊るした後は適当に隅のほうだか屋上だかで星を眺めたり
アルヴァイム、なつきと駄弁ったりする。
「正直騒々しいのは苦手だ。まぁ隅のほうでゆっくりしておくとしようか」

花火は適当に線香花火を持って隅のほうでこっそりと。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。