ADMIN TITLE LIST
恒例のプレ晒し



○全般
仮面を被りミカエルなる偽名で参加。天使名は神属への揶揄。
正体隠す気の無い装備だが、あくまでもテロリストの天剣神紅鵺では無いと言い張る。
基本的に作戦に従うが、レギオンで暴走したふりをして人類を攻撃するかもしれない。
○戦法
常に通常の殲騎等が到達不能な高度4000m付近を飛行。
人類兵器と上級DFによるアウトレンジ攻撃に、速度を活かした一撃離脱と引き射ちを組み合わせる。
魔力特化装備ならレギオンは問題無いと見て、速度を活かし単独先行。
烈(w3c831)の隊が到達するまでウォフ=マナフを適当にアヴェンジャーや百足砲、超魔力弾で攻撃。
装置破壊と敵の撹乱を重視。後に備えて弾とMPは節約する。
烈が到着したらその場は任せ、
紫の夜の間に落としたいのでテンプルムに全速で向かう。
テンプルム到着後は真上から中心目掛けてアヴェンジャー、百足砲の残弾とDFを一点集中で外壁が壊れるまで叩き込む。
壊れなければ急降下突撃して魔皇殻で攻撃。
邪魔が入ったら超闇影圧と触手で対応。
外壁破壊後そこから突入しマザーを攻撃。
マザー戦ではまず防御用に超幻魔影、次に超蛇縛呪で呪縛、その後攻撃を行う。
被害拡大したいので街上空で沈めたい。

作戦途中でHPが半分以下になった場合は諦めて撤退する。
もし高高度・高速飛行能力を持つ敵が出た場合、
可能なら逃げる。振り切れないなら超蛇縛呪と射撃で対応。

「では見せてやろう。真なる悪魔の力を、技を」
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.