ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ晒し。銀雨の初依頼。



○戦法
後衛に位置。
基本的に敵との距離は20mを保つようにし、遠距離攻撃を主体に戦う。
近寄られた場合は前衛が足止めできる場合は任せて距離を取り、
無理な場合は近接神秘攻撃に切り替える。
戦闘開始後まず自分に白燐奏甲(以下奏甲)を使用。
どちらかのアメーバが緑になったら光の槍で攻撃。
光の槍が尽きたら通常攻撃に切替。
違う色のときは防御・支援に徹する。
味方が自己回復で回復しきれないダメージを受けたなら奏甲で回復。
但し自分が回復に向かう場合は敵味方の位置関係や間合いに注意し、
出来るだけ自分も攻撃されて消耗した者が増える事態を避ける。
前衛が下がって回復する場合はその場で敵の動きを警戒。
奏甲の使用目的は回復優先だが、仲間から要請された場合は強化にも使用する。
回復の優先順位は現在HPの低い順。
但し自分が狙われている場合は自分を先に回復。
敵の様子がおかしい場合はとりあえず攻撃しないで様子を伺い、
攻撃しても問題無さそうだったら攻撃を行う。

○心情・台詞
こういうのをキモかわいいっていうのかな。違うか。
どうでもいいけどコイツって単細胞? 多細胞? ……すごくどうでもいいね。
暑いしさっさとぶっ殺して帰ろ……うん、そのためにも容赦なく徹底的に速やかに殺ろう。
「光芒のランツェ・シュトラール」(光の槍使用時)
「やっぱこの技名微妙かな……」
「スライム系ってやっぱり悲鳴とか上げないよね。上げない方が静かでいいけど」
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。