ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の中より屋外のほうが涼しい……
私の部屋が特に暑い気がする。窓開けても風が入らないぞ。

以下駄文。


---------------------------------------
 某月某日 FOXアジト
「先日から緋華莉たちと何をしているのだ、神紅鵺」
「少々小銭を稼ごうと思ってな、コ○ケで売ろうと筧○郎×ゼ○ュト・ユ○ファス本をtへぶぁっ! 」
鈍い音が連続する。バールのようなもので人間を殴打している様な、そんな感じの音だ。
打撃音に被さる様に呻き声。
音は8回続き、そして止んだ。
「何処から突っ込めばいいのか解らんが……何を考えている? 」
先程に比べて弱弱しい声が答える。
「数字業界は割と流行ってるっぽい……ぞ。だから重要的には問題無い筈だが、作画を竹内先生にやって貰うべきだったkごぁっ」
傷口を抉られた者が上げる様な声。
「あ……あの二人なら……この程度許してくれる…………と思うnがふぎゅべ」
今度は踏み潰された蛙が上げそうな感じの声。
「そういう問題でもなかろう。というか案の定無許可か」
またも打撃音。音が止み悲鳴が聞こえなくなり静寂が戻る。
恐らく凄惨な暴行が行われたのだろう。よくある事で如何でもいいのだが。
---------------------------------------


ついかっとなって書きました。ごめんなさい。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。