ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勿体無いとかそんな感じで(違)

某アレ用に考えた設定。
長いぞ私。設定厨め。




▽プロフィール
天剣・神紅鵺(あまつるぎ・かぐや)
闇の様な黒い髪とルビーの様な紅い瞳に
少々病的な白い肌が特徴(天剣一族の人間に共通する)。
紅い瞳はアルビノでも吸血鬼だからでもなく紅い色素によるものである。
背が高いが女顔何で性別は誤魔化せるかもしれない。

人の命も人間的倫理も何とも思っておらず非人道的な行為を気にも留めない。
ただ、過去に妹を強姦殺人で失っている為か、
性犯罪者に対しては見かけたら偏執狂的に拷問を行い死に至らしめる。
また、人類という種に対し敵意と悪意を持っており、機会があれば積極的に殺そうとする。
更に人間社会も嫌い。だが、人間嫌いの割りに人間の作ったモノは好きという面もある。
ただ、無機物にばかり愛情を注ぐのは人間不信の影響かもしれないが。
自分の事も他者の事も駒と見ていて必要ならば平然と切り捨てる冷酷さを持つ。
「生物学的に優れた存在の魔皇は人間等に従う必要は無い」という
選民思想的な思想を掲げてテロ組織を組織している。
理想主義者的面と潔癖症的な面を持ち、それに狂気が合わさり
「悪として恐怖で支配し、敵を全部殺せば世界は平和だ」と言う危険人物。
子供じみた馬鹿げた理想を力押しで遂行しようと思う辺りはまさに黒の魔皇かもしれない。
なお、冷静なように見えて内面には熱い面がある。

「努力など才能がある者がしてこそであって無能な凡俗がどうしようと無駄だよ」
という考えの持ち主で、道具を扱うくらいしか能が無いからか
「強力な武器の性能で叩き潰せばいい」
という力押し主義。(道具の使い方は搦め手が結構多いのだが)
更に
「とりあえず敵を全部殺して更に見せしめに沢山殺せば恐怖で大人しくなるだろ」
という狂った思想。
自分の思考が異質で思想が異端と自覚しており
「狂人を常人の論理で弾劾するなど滑稽だ」
切捨てる(開き直りなのか他者等眼中に無いのか)。

人間時の身体能力は低く、運動の才能も無い。
魔皇としても直接戦闘能力は平均より下だろう。
魔力はともかく直接戦闘能力は今回の参加者でも下から数えたほうが速いはずだ。
しかし、道具の仕組みを理解し、使い活かす事にかけては優れた才能を持つ。
(単一を極めたものには敵わないが何でも平均より上程度には扱える)
この技能を生かし魔皇としての力を使いこなす事で
まだ人間の感覚が抜け切れていない魔皇や聖鍵戦士には痛打を与えれるかも知れない。
殲騎を扱うことにも長け、生身のときと違いかなりの力を発揮する様だ。
しかし、力に頼っているので力に頼らない強さを持つものには劣る。
(「人間と同じように狙っても人間と同じようにしかあたらない」ヘルシングより
「人間はARMSに負けない」ARMSより
という考えによると、力を使いこなしていない神魔には有利で、
人として強い、素の戦闘力が高い達人には勝てない。
と、思われる)
強力な魔皇殻を持ち、それを活かしている為多分強い、筈。

テロ活動をするときは常に偽名を使っている為
テロリストとしては余り名が知られていないが、
目立つ殲騎を駆る為、殲騎の姿は有名らしい。

性格は
狡猾 □□□■□ 修羅
冷静 ■□□□□ 激情
協調 □□□□■ 孤高
熟考 ■□□□□ 直感
寛容 □□□□★ 残酷
と、なっているが、割と実際の性格は変わってきている。
例えば、
行動は考えた上での行動が多いが発言は熟考では無く思い付きで言う事も多い。
思った事を直接口に出して喧嘩を売る様な発言になっている事も多い。
(因みに(故)烏月・都破沙は逆に如何に人を不愉快にさせるかを考えた上で発言するタイプ)

魔皇として覚醒後は大規模作戦を中心に活動していた為戦闘経験は少ない。
第2次神魔戦争時は戦争には関わらず国内各地や中国大陸各地等で
人間の犯罪組織等からの強盗を行っていた為、格下相手には強いが
同等以上の相手に対する戦闘は経験不足である。

--------------------------------以下アンオフィ--------------------------------
機械・道具と共感し、その性能を強化するという超能力を持つ。
但し余り強い力ではないので大した効果は無い。
異端異法異本(後述)によって力を強化して用いたことも多い。

異端異法異本を用いた事で魔術師と勘違いされた事がある。
実際は魔術を学んだこともあったが余り才能に恵まれなかったので殆ど使えない。
ただ、如何でもいいので誤解をとかないで放置している。

基本的に魔術師としての基本的な才能は低いものの
道具を扱うという点での応用力はあるので
「限られた魔術をどこでどう使うか」という点においては優れているかもしれない。
------------------------------------------------------------------------------

補足設定
http://www.wtrpg.com/axdia/html/pclist.cgi?webid=w3d788
http://sternketzer.blog10.fc2.com/blog-entry-52.html


▽魔皇殻
http://sternketzer.blog10.fc2.com/blog-entry-128.html
http://sternketzer.blog10.fc2.com/blog-entry-130.html
http://sternketzer.blog10.fc2.com/blog-entry-131.html
を参照。


▽アイテム
■悠遠なる赫
装飾品:悠遠なる赫
「ゆえんなるあか」神紅鵺の妹、夜烏羽(ようは)の形見。
深く燃える様な赤い水晶と思われる結晶のペンダント。
実際何で出来ているのかは不明。
表面に文字とも文様ともつかないモノが刻印されている。


■Mauser C96(改)
銃器:マウザーM712
ドイツ・マウザー社製セミオートマチック拳銃の最終生産型。
M712というのは輸出販売を行っていたアメリカの会社が付けたモデル名らしい。
7.63mmMauser(.30Mauser)弾(7.63mmx25)を使用しフルオート射撃も可能。
ストック(兼ホルスター)が付属しており
装弾数10発の通常型マガジンか20発の大型マガジンを使用する。
神紅鵺は20発マガジンを予備含めて2個持ち歩いている。
神紅鵺が持っているものは全体が金色で装飾が施されている。
何でも武装親衛隊(Waffen-Schutz-staffel)の幹部の所持品だったらしいが本物かは不明。
本物だとしたら何故日本に流れたのか謎だし偽者にしては精巧だ。
対神魔弾を使用できるように改修されているが弾の種類の問題で弾代が高いらしい。

見た目はこんな感じ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ssbohe/ranged_m712kar.htm

因みにマウザーは英語風の読みでドイツ語風だとマウゼルが近いらしい。
また日本ではモーゼルという読みが一般的だが何で流行ったのかはよく解らない。
モーゼルはフランス語風だった筈。


■戦闘メイド服破軍
衣類:戦闘メイド服破軍
戦闘メイド服・北斗七星シリーズの1着で接近戦用タイプ。で、あと6種の姉妹品があるらしい…
が、関係ないので割愛。
防弾・防刃・耐火等、計256種の機能を持つと言われているが真偽は不明。
具体的な256種の内訳も不明。
だが、一見普通のメイド服という見た目に反して
対神魔防御すら僅かに持ち合わせた防具である。
何処で手に入れたのかは謎。
何で神紅鵺がこんなものを着てるのかは何やら理由があるらしいが詳細は不明。


■トルコリング
トルコリング
エルヴェイルから贈られたトルコ石の指輪。


■RPG-7V1(改)
銃器:RPG7V1
(英語:Rocket-Propelled Grenade ロシア語:Ruchnoy Protivotankoviy Granatomet-7)
略してRPG-7。
ソ連がドイツのパンツァーファウストを発展させて開発した歩兵携行用対戦車擲弾発射器。
構造が単純で安価な為発展途上国の軍隊やゲリラ・テロリストも御用達。
本体に単純な照準装置が付いているが、
光学照準、受動型赤外線照準装置、暗視装置も装備可能。
その改良モデルRPG-7V1に若干改造を施したもの。ロシア純正。
普段はエルヴェイルが使っている。
対神魔効果は無いが様々な弾頭を装備可能。
 HEAT弾 :(High Explosive Anti Tank)成形炸薬弾。対装甲用の汎用弾頭。
 タンデム弾 :HEAT弾を2個搭載した対複合装甲用弾頭。
 HE弾 :(High Explosive)榴弾。対非装甲車輌・歩兵用。
 FAE弾 :(Fuel-Air Explosive)燃料気化弾。対歩兵・市街戦用。
 (High-Impulse Thermobaric)HIT、サーモバリックとも呼ばれる。
 照明弾 :照明弾。スタングレネードにも出来るかも。
 スモーク弾 :煙幕を張るスモークグレネード。
 ガス弾 :催涙ガスを内蔵した暴徒鎮圧用の非致死弾頭。
 焼夷弾 :木造建築等に効果的なテルミット焼夷弾。


■異端異法異本
「いたんいほういほん」
アンオフィアイテム。非登録。

――世界を意のままに捻じ曲げる「最強のイレギュラー」
 ヒトの手には余る「最弱のジョーカー」――

術者の思いのままに世界を書き換える力を持つモノ。
つまり想像力と応用力次第で何でも出来る反則技。
だが、術者の脳を(コンピュータにおける)メモリとして使用し、
メモリ内に改竄後の世界を構築しそれを投影するという方式の為
実行しようとする事象の規模に応じて必要メモリが増大し、
人間程度のモノには殆ど使いこなせないモノ。
因みに宇宙を創るには創造神クラスの能力がいるが創造神が使う意味も必要性は無い。
また、世界を無理やり改竄した場合世界がソレを修正しようとするので
起こした現象や創った物はその規模に比例して“寿命”が短くなる。
(世界の外で使えば消されることは無い)
魔皇といえど人間と脳の容量はそこまで変わっていないので大した事は出来ない。
空間に魔法陣の様なモノを描き“仮想メモリ”として扱う方法もあるが、
速度が遅く、仮想メモリ構築・展開プログラムに容量を喰うので効果的ではない。
神紅鵺の場合は別のアンオフィ装備(?)、宇宙船シュテルンケッツァーのコンピュータを
脳に繋いで無理やり用量を確保していた(それでも一部を引き出せただけだが)。
今回はシュテルンがいないので大して役に立たないと思われる。
装飾が施された本に見えるがこれは人間に解り易い形に認識されているだけらしい。
別に神紅鵺だけしか使えない事は無く
これが何でどういう機能があるかを理解すれば誰でも使えるが、
見た目はただの本の上、使用中も変化が無いのでそれと気付く事はまず無いと思われる。
神紅鵺はこれを使っていて魔術師と誤認されたが実際は彼は魔術師という訳ではない。

材質は不明。書かれている内容は不定で常時変化している。
読むことは出来ないが意味は感じ取れるらしい。
能力起動時には実行内容が記述されている。
どうやっても破壊は出来ないが盾にも武器にも使えない。
基本的な外見は神紅鵺の1枚目のBU参照。

同時使用について
思考領域の容量が許す限り同時複数行使も可能。
ただし複数のことを同時に考える能力が必要。
(無理やり思考回路増加も可能だがその術に容量を喰うので現実的ではない)
(そもそも神紅鵺一人の脳の容量では出来ても小規模術数個だが)
当然他の事をしながらだと利用可能な脳の容量は減る。

何らかの方法で植物状態の人間の脳やコンピュータを術者の脳と繋げば、
メモリ増設を行え、高度な術の行使や術の性能の強化が行える。

展開・構築・編纂の違い
神紅鵺は使用時の詠唱で「展開・構築・編纂」という単語を使用している。
展開は予め創ってあった“完成術式”をそのままメモリにロードして使用するとき、
構築は予め創ってあった“部分術式”を組み合わせて“完成術式”を組んで使用するとき、
編纂は一から“術式”を組み上げて使用するときで、
例えるなら完成品モデル、組み立て式キット、フルスクラッチモデルであって、
発動速度は(短)展開<構築<編纂(長)、汎用性は(高)編纂>構築>展開(低)の順に優れている。
編纂したものを圧縮しておき、必要に応じて展開することも出来るが、
その状況に応じた最適の術が必要な場合はその場で構築するほうがいい。
圧縮術式をメモリ内に展開するときに解凍と言う場合もある。
因みに詠唱や動作は本来必要無いが神紅鵺は精神集中の補助として詠唱を行っている。

“代償”について
基本的に限界以上の異法を行使しない限り
精神力(MP 魔力ではない)を少し消費する程度である。
(限界以上の規模の事を行おうとした場合脳細胞が損傷する)
精神を集中することによる精神的疲労のみなので無いと言ってもいいかも知れない。
しかし、あくまでも対価無しというのは理論上のみであり、
実際は三異書構の使用以外のノイズである余分な思考を完全に消しきれないことや
“本来無いモノ”を使用することによる余波で肉体・精神・魂が徐々に汚染され、
変質してしまうという欠点がある。
(スクライドにおけるアルターの使いすぎで肉体が戻りきらない状態の様になったり
不治で未知の病に侵されたり人格歪んだり)
つまり多用すると寿命が縮む「命を削る必殺技」的なモノといえる。
また、多用することで世界そのものが術者を世界の敵と認識して
何とかして抹殺しようと防衛プログラム的なモノを送って来る危険性もある。
(やはり世界の外で使えば問題ないが)

因みに異端異法異本等三異書構と呼ばれるモノは
世界を敵に回しても人類滅亡させても命に代えても、
それでも叶えたい願いを懐くモノと引き合い、廻り逢い、
使い手とする。
また、魂を削る業であるが故に、多くの場合使い手達は
「不可能だが全てを犠牲にしてでも叶えたい」その願いを叶えずに滅びている。

実は意思を持っているが今回は全く関係ない。
もっと後の時代だと単独行動出来るがやはり今回は関係ない。

補足設定
http://sternketzer.blog10.fc2.com/blog-entry-134.html
http://sternketzer.blog10.fc2.com/blog-entry-149.html

<異法顕現>
 以下使用“術”の一部(発想次第の為一部)
 性能は単独で使用したもの。
 単独だと容量不足のものは未記入。

○武創異法・偽晶殻
 外見は真魔皇殻、攻撃力は通常魔皇殻程度、刻印は無しの偽物を創り出す。
 強度はオリジナルの8割、特殊能力は90%の性能だが機能自体は再現。
 http://www.wtrpg.com/axdia/html/maoh.html#maohkaku
 に、載っている手持ち・独立稼動型のみ生成可能。
 装着系と魔獣殻は生成不可。
 同時生成はSサイズなら3つ、Mなら2つ、Lは1つまで。
 召喚可能数は10個までだが召喚から1時間で消滅する。
 見た目は魔皇殻そのもので対神魔効果もあるが、
 魔皇の力を使い慣れている者や見慣れている者には違和感が感じられる。
 破壊されると破片が飛び散り、破片が飛び散る途中で透き通っていって消滅する。
 生成・使用に魔力(MP)は消費しない。
 当然複数同時使用だと命中精度等は落ちる。
 「異法構築、トイフェルヴァッフェ」

○術創異法・模法式
 魔術を真似る。
 変換機(コンバータ)を通して無理やり使うので威力と速度が低下。
 消費するMPもやや多い。
 どんな魔術でも知っていれば使える。
 が、神紅鵺単体では知っていても使えない術のほうが多いとか。
 さして意味の無い術である。
 他の“術”で名称に術と入っているものはこれの一種である。
 ただし、限定的な法則改竄を行っているものも多い。
 「異法編纂…○○○」

○魔創異法・偽刻呪
 MPを本来より5余分に消費して下級DFを刻印無視で行使する。
 10秒制限は受ける。
 10%の確率で失敗する。
 「異法構築、魔印模造」

○異法癒術・害否
 ダメージそのものを否定して傷を塞ぐ。
 傷が塞がっても消耗した体力や失った血は戻らない。
 (体力=スタミナ。HPは生命力や耐久値とする)
 毒等のステータス異常も否定できるが毒で死んだ細胞は生き返らない。
 また、死者の蘇生も出来ない。
 更に、異法過剰行使で蝕まれた肉体も直せない。
 消費MP無し。
 使用回数は5回/日
 対象は本人のみ
 「異法展開、損傷否定」

○異法換術・魔壊命
 生命力を魔力に変換する。
 HP500消費毎にMP50回復で1回の変換限度はHP5000迄
 消費MP無し。
 使用回数は3回/日
 対象は本人のみ
 「異法展開、変転式」

○異法攻術・閃砲式
 対物レーザーを発射する術。
 100m離れて20秒で鉄を溶かす程度の威力があるが対神魔効果は無い。
 射程約500m(離れるほど威力が落ちこれ以上はほぼダメージ無し)
 消費MP10
 「異法展開、光よ」

○禁異法・吸星陣
 大地から星の命を吸う。
 竜脈から気を取り込む術を歪めたモノとデアボライズを参考にしたらしい。
 術を解除するまで常にHP・MPが回復し続ける。
 使いすぎると徐々に使用者の周囲が不毛の地になる。
 消費MP5&消費HP100
 発動には30秒間の集中が必要。
 地上から5km以上の高度(海抜ではなくそこの大地からの距離)では効果なし。
 「禁忌・星喰いの儀、発動」

 ◎以下は使用可能なものの実用的では無い術もしくは術者単体では不完全な術◎

○異法盾術・シュッツトラオム
守りの夢(Schutztraun)
精神力消費
消費量は使用時間、強度、サイズ、防御属性・効果によって変動
 周囲に多角形もしくは球形のバリアを張る。
 空気を遮断するか否かは任意変更可。

○異法強術・魔剛身
使用回数3回/日
使用中は1時間毎にHP100喪失 解除後200喪失
最大連続使用可能時間6時間
 自身の能力を強化する。
 白兵・技量・魔力全てに+10
 魔力値は伸びるがMP最大値は増えない。
 殲騎時使用不可。

○異法強術・魔廻陣
精神力消費
 周囲の空間に魔法陣とも回路とも言えるモノを構築し、それを脳の延長とする術。
 いわば仮想メモリという効果があるが本物の脳より擬似思考回路の速度は劣る。
 また、ヒトの脳ではこの術式の展開だけでかなりの容量を使用してしまう。

○異法強術・思霊儀
精神力消費
 思考並列加速式とも呼ばれる。複数の思考を同時に高速で行えるようにする術。
 脳に対して負荷を掛けるがその性能を強化する。
 本来なら複数の行動をはやく精密に実行出来る様になるのだが
 ヒトの脳ではこの術式の展開だけで殆どの容量を使用してしまう為実用的ではない。

○Der Freischutz(魔弾の射手)
消費MP15
 思念により弾丸を曲げる術。
 自分の放つ弾を思念制御でコントロールし標的を追尾する力を与える。
 射撃武器・魔術等の攻撃力・クリティカル率・命中精度を高め追尾能力付加。
 1度に1発のみ制御可能。
 弾丸操作中は自身の行動精度大幅低下。

○異法攻術・エレメントデモリアールング
素子解体(Elementdemolierung)
消費HP90%・MP50%
使用回数1回/日
 あらゆる物質を素粒子レベルまで分解消滅させる光線を放つ。
 魔防×2で魔防判定を成功させると無効化できる。判定失敗で即死。
 ただし一度に消滅可能なのは5tまで。
 別の術を簡易化と負荷の増大によってメモリ消費を軽減し単独使用可能としたもの。
「異法構築。術式修正…螺旋を砕き終焉を招く闘者。全て消し去るトパーズ色の輝き…エレメントデモリアールング! 」

●模法力<イミテイトフォース>
ダークフォース、シャイニングフォースを参考にした術の総称。
邪歪力<イーヴルフォース>とも言う。

○禁操我壊呪<カース・オブ・マリオネット>
射程 10m 範囲 1対象 時間 永久
消費MP40
10%の確率で失敗
 普通の生物の自我を奪い操る術。
 神魔に属するものとサーヴァントには効果は無い。
 ワード・オン・コマンドを参考にした。
 効果を受けたものは自我を失い使用者の言いなりになる。
 自我を失うという点以外の性質はワード・オン・コマンドと同じだが、
 破壊された自我は回復しない為、命令が無いと餓死したりする。
 魔防×10で魔防判定を成功させると無効化できる。
「心消し去る禁忌の刃。魂砕く悪意の縛め。汝傀儡(くぐつ)と化すべし」

○魂脈破断衝<エナジーブレイク>
射程 10m 範囲 1対象 時間 1時間
消費MP60
10%の確率で失敗
 神属のテンプルムからのエネルギー供給を遮断する術。
 精魂撃破衝を参考にした。
 エネルギー供給を断たれることで下級の神属は死亡する。
 魔防×2で魔防判定を成功させると無効化できる。
「命脈絶つ死の契約、神の鎖を断つ呪詛、エネルギーブルフ! 」

○双霊呪響陣<エコーフォース>
射程 本人 範囲 1対象 時間 30秒
消費MP20
 2種類のDFを同時または連続発動させることを可能とする術。
 10秒制限も解除される。
 MPは通常通りに消費する。
 同時使用の場合は対象を取るタイプのものは複数使用出来ない。
 同じものを複数使用した場合には効果が倍増する。
「重ねて響く冥府の鐘の音よ…虚ろな歌を悪魔に捧ぐ、エヒョーキリヒェンリート! 」

▽オリジナルDF
■機幻創殻顕<アーティフィシャルファンタズム>
射程10m 範囲 無し 時間 1時間
 自分から10m以内の任意の地点に幻獣型魔獣殻【幻創殻】を創り出すDF。
 召喚可能な幻創殻は下記のリストに記載。
 1時間経過するか召喚者が送還するか
 武器形態で1分経過するか破壊されるかのいずれかの場合消滅し、
 召喚に使用した魔力(MP)は使用者に戻ってくる。
 破壊された場合そのタイプは1日再召喚不可となり更に使用者に150のダメージ。
 幻創殻の色は召喚者の魔皇としての色と殲騎のメインカラーの2色で構成され、
 全体が半透明に透き通っている。性格は召喚者に似る。
 召喚・送還は魔皇殻同様一瞬で行われるが、殲騎搭乗時は召喚のみ5秒必要。
 なお複数体召喚できるMPがあったとしても1度に1体までしか実体化できない。
 また通常の魔獣殻と違いガイドラインの制限は無視される。
 悪魔化時は魔皇時の3倍程度まで巨大化し全体的に鋭角化し、
 攻撃力・防御力が10倍、耐久力・機動性・速度が5倍になり、性格が攻撃的になる。
 使用条件は
 自分の得意な刻印6個か得意でも苦手でもない3種を2つずつ
 黒なら 「 骸×6 」 か 「 剣×2 獣×2 魔×2 」

 因みに神紅鵺はDF使用時にドイツ語で詠唱するので
 キュンストリッヒャーファンタズムと呼称されている。

 「偽りの器。在らざる容(かたち)。我が意思を以って形(かたち)を為せ幻想機。キュンストリッヒャーファンタズム――」

<使用中の外見イメージ>
 召喚地点に魔法陣が展開しそこから幻創殻型の影が現れる。
 それを器としてそこに魔皇の色に応じた稲光が集まり幻創殻が実体化する。

<幻創殻のタイプ>

○双頭竜型
2つの頭を持ったドラゴン。意思は単一。
魔皇時:体長6~7m、翼長8~9m程度のの大きさ。口から光線のブレスを吐く。
武器時:両手剣型。空間を斬る事でバリア系の魔法効果を無効化してダメージを与える。
殲騎時:殲騎の両肩から首、背中から翼、腰から尾が生え、全身を装甲が覆う。
    機動性、装甲は鳥や蟹より劣るが竜頭からのブレス攻撃が可能。
「輝きて薙ぎ払えツヴィリングスコップフドラッヘ」

○ファイアーワーム型
正確にはパーグのファイアーワーム。鱗の隙間から燐光の様な煙を噴出す蛇の様な生物。
魔皇時:体長3m程度。戦闘時は全身を灼熱化し金属が溶解する程の炎と熱を纏う。
武器時:両手持ちのランス型。付き立てたると金属が気化蒸発する程の炎と熱を発する。
殲騎時:殲騎を取り込む様に接合。火属性のダメージを90%軽減。
「夢の国に住まいし炎熱の蛇よ」

○ハイブリッド・キメラ型
2種の魔獣殻の合成体。基本5種からメイン・サブを任意に選択。
魔皇時の大きさと武器時の形態はメインのタイプに準ずる。
魔皇時:2種を合体させた姿。サイズはメインタイプと同じくらいで2種の能力を併せ持つ。
武器時:メインの魔獣殻と同じだが少し鋭角的で大きい。
殲騎時:複数同時合体と外見は同じ。能力は僅かに劣る。
「踊れ併せ身の獣」

○フュージョンド・キメラ型
さまざまな生物の特徴を持つ合成体。合体ではなく融合。
魔皇時:サイズは人間と同じくらいの奇怪な怪物。
    5~8種の動物の特徴を持つが召喚者によって詳細は異なる。
    外見に関わらず空陸水での戦闘能力に優れる。
武器時:中央に円形の持ち手があり3方向に刃が生えたシュリケンブーメランの様な武器。
    投擲して使う。極めて命中率とクリティカル率が高い。
殲騎時:殲騎の5倍程度の大きさで全身と融合。胸部を竜の頭の様な装甲が覆い、
    頭部から烏賊の様な触手2本と鳥の翼、両肩に副腕と無数の蔦の様な触手、
    更に背中に蝙蝠の翼と大型推進器、腰から蟹の様な鋏が生え、
    両腕が肥大化し鉤爪が装着され、更に下半身がムカデの様な形態になる。
    空陸水の機動性と攻撃力・防御力がある程度、耐久力が大幅に強化され
    魔皇殻のクリティカル率が高まる。
    融合なのでダメージを受けても剥がれない。
「忌まわしき混沌の落とし子よ」

○インテリジェントソード型
両手剣型。人間と同等以上の知性を持つが喋ることは出来ないのでほぼ無意味。
魔皇時:刃渡り2mの両手剣。空中浮遊と時速50kmで飛行する能力を持ち単独戦闘可能。
武器時:長さ5mもの長柄と巨大な穂先を持つ大槍。魔皇時のものの柄が伸びただけ。
    与ダメージの50%を魔皇・逢魔の体力・魔力に変換。(吸収とは似て異なる)
殲騎時:マント状に連なった装甲となって殲騎に装着される。
    下級のDF・SFを無効化する。
    WF魔凱殲騎が装備した場合は更に
    中級までのDF・SFを吸収し被ダメージ分耐久力を回復する。
「顕れよ。そして舞え。汝の名は魔剣なり」

○アバドン型
無数のイナゴの群れ。群体を1つとして数える。
魔皇時:総数不明の蝗の大群。単体では弱いが数を武器に襲い掛かる。
    1度に全てが破壊されない限り(1体でも残っていれば)
    何処かから無限に湧いて出る。
武器時:長さ6m刃渡り4mの大鎌。斬り付けたモノを腐食させダメージ分HPを吸収。
殲騎時:殲騎に蠍の尾と鎌の様な翼が生え魔皇時と同じ蝗の群れを周囲に従える。
「黙示の喇叭。苦痛の悪魔。災いの軍勢よ」

○創リモノノ月型
神紅鵺の固有幻創殻。仮にこのDFを他者が習得した場合7番目には固有のタイプが入る。
召喚時にHPを500消費。
正体不明の何か。デウスエクスマキナを模しているらしい。
魔皇時:浮遊する謎の機械の球体。召喚者と五感を共有。
    周囲100m以内に近付いた神魔に属するモノ全てに
    闇色の魔力光を照射する。
    悪魔化時は周囲100m以内の自分と主以外の
    物体の運動速度を半減する領域を発生する。
武器時:何も無い虚無の様な黒い(冥い)指輪。
    触れたものをブラックホールのように飲み込んで消滅させる球体を発射する。
殲騎時:殲騎と融合。
    殲騎が一回り大きく鋭角的で禍々しくなり、
    背後に神々しい雰囲気の月の幻影が出現。
    魔皇殻の攻撃力・命中率・クリティカル率と
    殲騎の白兵・技量・魔力・耐久力・機動力・防御力がある程度上昇。
    絶対不可侵領域を無効化。
    6分毎に魔力(MP)を30消費し更に逢魔に負荷をかける。
    融合なのでダメージを受けても剥がれない。
「解き放て我が魂。裁きを下す偽りの絶対者。模造品の物語に幕を引く神意装置」
※「魂」は「こころ」、
「物語に幕を引く神意装置」は「デウス・エクス・マキナ」と読む。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。