ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はコイツ。
気に入ってはいるもののRPし難い純粋異質存在、異端異法異本の意思、
異淵・ケッツェリア・WLFS
を紹介。






三異書構の1番、異端異法異本の化身。
異法深淵・異端概殻・World Law Falsification System
(いほうしんえん・いたんがいかく・わーるど ろう ふぇいるしふぃけーしょん しすてむ)、
略して異淵・ケッツェリア・WLFS(いえん・けっつぇりあ・うぃるふぇーす)。
World Law Falsification System(世界法改竄装置)の頭文字をとってWLFSと書き、
ウィルフェイス(Will Face)、「意志の顔」と掛けている。
ケッツェリアは異端をドイツ語訳した後適当にもじったもの。

道具として自分の機能が使われる事だけを目的としている為、誰が、何故、何に使用するかには全く興味が無いというヒトから見れば迷惑な存在。

三異書構は世界を敵に回してでも叶えたいと言う程強い願いを持つ物の前に現れると言われ、
異端異法異本の使い手の多くは実際に世界の敵となり戦ったと言う。
強い願いならばその力が存分に振るわれるからそういう願いを持つものの前に現れるらしい。
前述のように願いの内容は彼女(?)にとっては全く興味が無い。

なお、創られてからある程度経ってから自我を持ち、更にある程度経ってから自律活動能力を得た。
その為自我を得る以前の使い手のことは覚えていないが、それ以降の使い手のことは覚えている。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 星の異端者の戯言, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。